スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あの日

朝ラジオから「1月17日。この日は毎年冷えこんでいます・・」と。
13年前の今日は寒かったかなぁ・・きっと寒かったのだろうけどそんな気にならなかった。というかそんな事気にしてる場合ではなかったような気がします。


毎年この時期、当時の写真を目にすると日が経つにつれ、この場所にいた事が信じられなくなってきています。
でも、あの揺れる前の地鳴りの様な「音」。「揺れ」。は今でも忘れられない。
幸いにも身内は無事・家も大丈夫でした。

ただ・・・同じ区に住む仲良しだった友達ともちゃんがそれ以来逢えなくなってしまいました。
引越しするまで友達3人と毎年お参りに足を運んでましたが京都に住んでから私は2~3年に一度になってしまってますが・・昨日お参りに行ってきました。
ともちゃんのお母さんは元気そうで笑顔で迎えてくれ、いつもたわいもない話をして終わるのですが・・
お母さんは「今でも東遊園地にある銘判(震災で犠牲になられた方々のお名前が刻まれている)を自分の目で見ることができない。。。」と仰っていました。

一人っ娘だったともちゃんを失ったお母さんの気持ちは計り知れないものがあります。


私達に感謝を伝えられるけれども、きっとどこかで私達の姿と置き換えているのだろうと思います。
「あの地震さえなければ・・今頃新しい家族を築いてる。。」と




ボタンを押すと電気がつくこと。
蛇口をひねると水が出ること。
毎日お風呂に入ること。

毎日当たり前にしていたことが、あの日・あの時間に出来なくなった。
年を重ねていくうちに当たり前の事が増えていく一方で、あの生活を再び経験するとなるとどれだけ不自由を感じるのかと考えるだけで怖くなります。

神戸は海と山に囲まれ交通の便も良く人間も暖かい街です。現在京都に住み、京都も歴史ある素敵な場所ではありますが、やはり生まれ育った神戸が一番好きです。

あの日以来、神戸を離れ未だに戻って来れない方も沢山おられるようです。きっと「神戸に帰りたい」と願ってるはずです。その願いが少しでも叶えれる日がくればと思います。

テレビや新聞では「大地震がどこかで近々発生する」という話はよく取り上げられています。
自然災害は人間の力ではどうすることもできないですが「備える」ということを、しっかりとしていかなければならないと思います。

私もリュックに少しだけ用意はしてるもののいい加減なままです。。きっちりとチェックしないといけません・・

スポンサーサイト
[ 2008/01/17 17:39 ] 雑記 | TB(0) | CM(9)
あの日から、早13年なんですねー。備えあれば憂いなし・・・けど実際わたしは、何も備えていない現状です。
2年前の7月、東京で大きな地震が起きて、帰宅するのに普段の3倍もかかり、大都市での地震の恐怖を身に染みて痛感しました。それに、わたしは子供の頃田舎=秋田で、日本海中部沖地震という大きな被害が出た地震を経験しています。
kaoさんの言うとおり、自然災害は誰にも予測出来ないし、何時起こりうるか分からないし、今の何でも自由に出来るときだからこそ、供えておかないと・・・、ってしみじみ感じました。
[ 2008/01/17 19:52 ] ぎだちゃん [ 編集 ]
13年前か・・・時が過ぎるのは早いですね。
私も震災体験者ですが、ぜんぜん備えなんてできてません。あの時の事を教訓に普段からちゃんとしとかないとだめですね。
でももうあんな怖い思いは二度としたくないな・・・v-406
[ 2008/01/17 21:46 ] きき [ 編集 ]
神戸から離れた京都でさえも人生であんなに揺れた経験はいまだに一度も無いです。。。
トラウマみたいになってて今でもちょっと揺れたらすぐ思い出してしまうし・・・
私でこんなんやのに神戸の方、そして被災者の方の計り知れない恐怖や癒されない心の傷の事を思うと心が痛んで仕方無いです。
戦争や原爆の事同様に幼い我が子にもあの日の事や今の神戸の現状、枕元のリュックを見せながら私のわかる範囲でちょっとずつ子供にわかる言葉で毎年伝えてます。
[ 2008/01/17 23:57 ] kako. [ 編集 ]
自然って恐ろしいですね。
自然災害があって被災地の様子がテレビで流れるのを見るたびに『私はあんな生活できないだろうな』って思ってしまいます。あんなに強くなれるのかなぁって。
いつ自分の身にふりかかってもおかしくないことなんだし、しっかり備えをしておかなくてはダメだと思いながらも全然できてない現状です。
子供たちを守るためにもしっかり備えようと思います。
[ 2008/01/18 01:30 ] green [ 編集 ]
kaoさんのblogを読んでいろいろ考えさせられました。蛇口をひねれば水が出ること。あったかい布団で寝られること。当たり前のことのようでも 実はこんな生活ができていることが奇跡なのかもしれない・・
kaoさんは震災当時 神戸に住んでいたんですね。
ともちゃんのお母さんの気持ちを思うと心が痛みました。
自然災害は人間の力ではどうすることもできないけど 私も備えのあり方を今一度見直してみたいと思います。
[ 2008/01/18 12:38 ] Squall [ 編集 ]
ぎだちゃんへe-69
コメントありがとうございます♪
東京は大地震が来る。とよく言われてるますね。少しでも備えていた方がいいかと思いますよ。そういう時は一人暮らしって何かと不安だろうし。私ももう少しきっちりやらないといけないのですけど・・・

ききさんへe-69
コメントありがとうございます♪
ききさんのお住まいの地域に二人程会社の方が住んでたのですが、二人ともその家から会社へは通えない状態でした・・
私もあんな怖いことはもう起きて欲しくないと思いますが、そこはどうにもならないですね・・

kako.さんへe-69
コメントありがとうございます♪
確かに少し揺れるだけで、あの揺れが襲ってくるのではないかと就寝時には特に思います。身内に犠牲者がでた方・住み慣れた家が突然なくなってしまった方。。少しでも前向きな気持ちで進んでいって欲しいです。
学校でも防災訓練みたいなのが私達の時代より活発に行われてるみたいやね。
[ 2008/01/18 22:29 ] kao [ 編集 ]
greenさんへe-69
コメントありがとうございます♪
今までいろんな所で自然災害があり、その都度テレビを見ては皆さん強いなぁ。と思います。でも弱音をはいてる余裕もないのかもしれないなぁとも思います。
子供さんを守る為にも家具が転倒してこない場所で就寝して下さいね。

Squallさんへe-69
コメントありがとうございます♪
あの当時あの場所にいました。でも両親がいたし、親がいろいろしてくれてたので今思い返すと非常に有難かったし心強かったです。
備える意識を少しでもするのと全く意識しないとでは違うと思うので私も再度見直すようにしたいと思います。
[ 2008/01/18 22:40 ] kao [ 編集 ]
kaoさんはあの時、神戸であの揺れを体験されたんですね。。
この記事を読みながら、毎日の何気ない生活、家族との
何気ない時間がどれだけ有り難い事か・・と改めて思いました。
自然の力には勝てないけれど、「備える」事は誰でも出来るし、
私も自分に出来る事をしておこう、と思いました^^
[ 2008/01/19 23:29 ] えみみ [ 編集 ]
えみみさんへe-69
コメントありがとうございます♪
幸いにも命と家が無事で何よりでした。地震だけが自然災害ではなくここ最近は台風や大雨など被害が大きい事が増えてますよね。。
とりあえず今日時間があったので再度リュックの整理をしてみました。物が沢山ある毎日を過ごしてるとこれもあれもと考えてしまいますが、最低限の物だけ備えておきました。
[ 2008/01/20 20:58 ] kao [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:kao
星座:てんびん座
血液型:O型
好きなモノ:SWEETS・パン
AMラジオ・ヨシモト興業
ナイナイ岡村くんが大好きな主婦です。

趣味:☆福山雅治氏☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。